準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

マンションを購入する前に

マイホームの購入という大きな買い物は、多くの方が夢に思っているでしょう。
昨今は一戸建て住宅だけでなく、マンションも一生生活をする場所として認識されています。
そのためマンションの売れ行きも悪くなく、特に都心ではマンションの人気は高いものとなっています。
マンションにあって一戸建て住宅にない魅力とはどのようなことでしょうか。
一戸建て住宅は、すべてを所有者が管理・維持することになります。
そのため手間と費用の両方が必要となります。
またマンションとは違い、敷地の境界は壁のためセキュリティに関しても支出が必要になります。
それに対してマンションは、清掃や修繕などの業務は管理会社から専門業者へ委託されます。
そのため、購入した人は自身の手間をかけることなくマンションの状態を維持できることになります。
さらにマンションはセキュリティがしっかりしており、安心した暮らしを送ることができます。
昨今ではマンションの購入は管理を買うことだという意見も聞かれます。
ですがその対価となる、共益費や修繕積立金を支払う必要があることを忘れてはいけません。
お金を支払う分、手間が省けると理解しておくことが正しいかもしれません。
とはいっても一戸建て住宅にセキュリティを導入すれば同じようにお金がかかりますし、修繕も同じといえます。
ですがマンションは集合住宅であって、一戸建て住宅のように一世帯で敷地を占有することはできません。
隣近所はあっても、壁を一枚隔てただけのマンションとはその価値が大きく違うといえます。
それこそが一戸建て住宅の最大の魅力でもあります。
建築基準法の範囲であれば住居のサイズを自由にすることができ、庭などのスペースを確保することもできます。
そしてマンションにしかない問題というものもあります。
現在の賃貸・分譲マンションにおいて、居住者の8割が騒音問題で悩んでいるという結果があります。
昨今は防音設備が整ってきていますが、この騒音問題の抜本的な解決にはいたっていません。
騒音問題の原因となっているのは、大半が「生活騒音」とよばれる騒音です。
生活騒音とは、生活をする上で自然的に発生する音による騒音のことです。
生活することで発生するため、生活騒音を完全に防止することは不可能です。
結果、騒音問題は現在のところなくなることはないでしょう。
もちろん、マンションにも一戸建て住宅にもそれぞれメリットとデメリットが存在しています。
ですがどちらかを選ぶ際に1つの理由だけで、選択肢を排除することは適切な判断ではありません。
複合的に捉えてみて、どちらに魅力を感じ、また妥協することができるか、という立場で選定することが必須です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.