準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

金利による違いについて

住宅ローンは、念願のマンションをすぐにでも購入することができるメリットのある融資です。
賃貸マンションの家賃を支払わなくてよくなり、購入した方が金銭的にメリットがあるという意見が多いです。
ですが実際には、賃貸マンションの共益費よりもはるかに高額な共益費を支払い、さらに賃貸マンションにはなかった修繕積立金も支払うことになります。
必ずしも金銭的に、分譲マンションを購入した方にメリットがあるというわけではありません。
それでも住宅ローンを利用して購入する以外に方法がない方が大半です。
そこで住宅ローンの返済において非常に重要な要素である金利について考えてみましょう。
住宅ローンは金融機関からの融資で、あくまでも借金です。
そして融資を受けるためには担保と金利という金融機関の条件をのむ必要があります。
担保は、住宅ローンを利用して購入するマンションとなります。
そして金利は利息という大きな負担を強いる要素です。
住宅ローンの融資額を元本とし、その元本に対して金利で掛けた金額によって利息が算出されます。
住宅ローンの総返済額は、元本と利息で構成されています。
すなわちいかに利息を少なくするかが、完済にとって極めて重要だといえます。
例えば1パーセントの金利で、利息はどれだけ違うのでしょうか。
そのシミュレーションとして、4,000万円の住宅ローンを想定します。
金利を全期間固定型の3パーセント、35年間の返済期間、ボーナス返済をなしとします。
すると総返済額は6,465万4,800円になります。
毎月の支払いは123,152円の返済額となります。
年間にして147万7,824円です。
続いて上記の条件で金利のみを変更してみましょう。
金利を全期間固定型の4パーセント、35年間の返済期間、ボーナス返済をなしとします。
すると総返済額は、7,438万6,200円となります。
金利が1パーセント違うだけで総返済額は、1,000万円も多くなりました。
そして毎月の支払いは177,110円の返済額となります。
年間にして212万5,320円です。
月々5万円以上も高くなり、年間では65万円も高くなっています。
これでお分かりの通り、住宅ローンにおける金利はたかが1パーセントでも総返済額で1,000万円もの差が発生します。
住宅ローンの金融機関を探す際、金利という要素も選択の条件となりますが、これほど大きな要素であることを理解していない方が非常に多いです。
たった1パーセントで完済ができるかどうかも違ってくるでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.