準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

重要事項説明を知る

売買契約の際に不動産会社の宅地建物取引主任者から受ける説明が「重要事項説明」です。
この説明は売買契約の中でも特に大切なものですから、事前に重要事項説明書を不動産会社からもらっておき確認しておくようにしましょう。
マンションの使用や権利、契約条件などさまざまな事項が記載されている書類です。
この重要事項説明は、書面を口頭で説明するものとなっています。
まず宅地建物取引主任者が自身の説明を行います。
その後、物件についての説明となります。
所在地や築年数、所有権の名義人と抵当権の抹消について説明があります。
特に名義人と売却人が同じ人物であるかどうかの確認と、抵当権の抹消についての確認をしましょう。
続いて「法令上の制限」という事項があります。
マンションの場合にここで重要なのが、修繕において何らかの費用負担が発生するかどうかという点です。
修繕の日用は毎月修繕積立金を支払うようになっていますが、修繕の際に費用の負担を迫る場合もあります。
そのようなことがないかどうかを確認しておきましょう。
そして「その他、物件に関する事項では特に「石綿(アスベスト)使用調査の有無とその内容」が重要です。
アスベストの使用の調査を行ったのかどうか、そして調査の結果はどうであったか、ということをしっかりと確認しましょう。
アスベストの使用によって後に健康被害の恐れがありますから注意しましょう。
また同じ項目では「耐震診断の内容」も重要です。
旧耐震基準による建築の場合は、耐震診断を受けているのかどうかを確認し、その結果もチェックしましょう。
続いて「区分所有建物に関する事項」では、各権利についての説明となります。
登記されている権利の種類の説明です。
そして共用部分の使用用途やその管理方法、管理者の専選任方法と権限などが説明されます。
区分所有者になれば管理組合に入ることがありますので確認しておきましょう。
また共用部分だけでなく、専有部分の使用に関する用途や制限についての説明があります。
ここでは禁止事項などの規約がありますので、ペットの飼育やリフォームなどの確認を行います。
そして「契約条件の事項」では、契約の解除に関することや、損害賠償額の予定や違約金に関する事項、手付金の保全措置の概要などがあります。
これらは契約によるお金のことですから特に注意が必要な事項となっています。
このように重要事項説明は非常に多くの点を確実に確認する必要があります。
その場だけでは理解できないことも多いため、事前に予習をしておきましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.