準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

専有部分と共用部分

マンションは集合住宅とよばれる住宅で、一戸建て住宅とは異なり多くの方と共同で生活を送るものとなっています。
一戸建て住宅は敷地の内側はすべて個人の支配する場所となり、他人と生活をする部分は存在しません。
マンションはマイホームとはいえ共同で生活を送る場所で、譲り合う精神が必要です。
そこでマンションにおける自身の所有している場所と、そうでない場所を明確に理解しておく必要があります。
一般的に部屋とよばれているマンションの一室は「専有部分」と呼ばれる箇所で、購入者はこの専有部分に対してのみ所有権を持っています。
所有権の範囲の部分のため、所有者はその場所に限り、自由に支配、使用、処分をすることが可能です。
すなわち一般の一戸建て住宅と同じ扱いなとなっています。
そして専有部分以外の場所のことを「共用部分」とよびます。
売買契約によってマンションの専有部分を購入した方のことを「区分所有者」とよびます。
区分所有者は、専有部分の他に共用部分の使用が認められます。
この使用することが認められる権利のことを「敷地使用権」とよびます。
敷地使用権は所有権とセットになって売買契約を終えた後に、移転登記させることが可能となります。
敷地使用権は、支配や処分をすることは認められません。
このような共用部分には、玄関ロビーや廊下、階段、エレベーター、庭、屋上などがあります。
すなわち敷地使用権の範囲は、個人的に使用することは原則認められないとなっています。
そしてこれらの敷地使用権の範囲である共用部分は、区分所有者と賃借人など、そのマンションのすべての住人で使用することができる箇所となっています。
そして共用部分の維持・管理はすべての住人が毎月支払う共益費(管理費)によって賄われています。
そのため、賃借人・区分所有者に関わらず共益費を支払う必要があるというわけです。
このようにマンションの共用部分は、すべての住人で費用を持ち合っており、すべての住人が平等に使用することが認められています。
そのためすべての住人が互いにこのことを理解して使用することが大切です。
ちなみに、マンションにおけるベランダの扱いは共用部分となっています。
もちろん専有部分の所有者以外使用することができませんが、共用部分のため使用の範囲が専有部分よりも制限が設けられています。
ベランダの使用は共用部分ということを理解した上で、使用するよう配慮しましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.