準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

マンションと火災保険

分譲であっても賃貸であっても、マンションでは火災保険へ加入することは必須といえます。
賃貸契約の場合は、火災保険への加入が契約条件となっていますが、分譲マンションでは火災保険への加入が義務化されていません。
もちろん火災保険への加入は任意ですが、やはり加入をしておく必要があるといえます。
それは火災保険の特徴にあります。
火災には類焼という言葉があります。
似た言葉に延焼という言葉がありますが、延焼とは火災が広く燃え広がることです。
そして類焼とはよそで発生した火災が燃え移ったことによって焼けた場合の意味です。
隣の家から失火によって類焼した場合は、自身は被害者となります。
ですが火災保険は、加入している人の住宅やその家財が補償の対象となっています。
類焼で被害を被ったとしても、その際に補償してくれるのは類焼した家の加入している火災保険というわけです。
そのため自身の住宅から火災が発生する理由がゼロであっても、火災保険へ加入しておく必要があるといわけです。
もちろん受けた被害に対しては損害賠償請求を起こすことができます。
ですが損害賠償請求というものは、それに対して支払い能力がないと意味がありません。
例えば失火元の家に対して支払い能力がないと判断されれば、賠償を受けることは現実的に不可能となります。
このようなことは高額な住宅である以上、想定することができます。
そのため被害者になることも想定して火災保険へ加入する必要があるということです。
また、賃貸契約のマンションでも火災保険へ加入する必要があります。
通常、賃貸マンションの契約の際に加入の義務が設けられています。
そのためすべての賃貸マンションは火災保険へ加入していることになりますが、火災保険は保険料を支払い続ける必要があります。
支払いを止めると、当然火災保険の契約はストップとなります。
ですが賃貸マンションの場合、あくまでも家主の所有物件を借りて住んでいるにすぎません。
そして賃貸契約では原状回復義務というものが設けられています。
賃貸契約を解約する際、すなわち退去する際は賃貸契約を交わした状態に部屋を戻す義務があります。
火災で損害を受けた部屋も元の状態に戻す必要があります。
そのため火災保険への加入は、分譲マンションであっても賃貸マンションであっても必須というわけです。
分譲マンションの場合は自身の持ち物のため、加入は当たり前ですが、賃貸マンションでも同様に捉える必要があることを認識しておきましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.