準備万端でいこう!マンション購入

準備万端でいこう!マンション購入

最新の火災保険

マンションなどの火災保険は補償の対象となる損害リスクを自由に選択することができるタイプが主流になっています。
以前は住宅火災保険と住宅総合保険という2種類が主流となっていました。
住宅火災保険は損害リスクが狭いですが、保険料が低いのが特徴です。
住宅総合保険は損害リスクが広い分、保険料が高くなっています。
これらの保険の損害リスクはあらかじめセットされていました。
そのため契約者によっては不要な損害リスクがありました。
このような無駄だと想定される損害リスクを省くことで、無駄な保険料を削減し理想的な火災保険とするというものが最新の火災保険となっています。
とはいっても火災保険も保険商品のため、主契約の損害リスクは契約必須となっています。
主契約の損害リスクには「火災」「爆発・破裂」「落雷」があります。
これらの損害によって住宅や家財が受けた損害を補償する契約となっています。
そしてこの主契約以外の損害リスクに、「風災・ひょう災・雪災」「飛来・落下・衝突・倒壊・騒擾」「水災」「水漏れ」「盗難」などがあります。
そして昨今の自由選択型の火災保険ではこれらの補償を自由に選択して契約することができるようになっています。
ですがここで注意が必要です。
自由に選択とありますが、それぞれ区分となっています。
「風災・ひょう災・雪災」でワンセット、「飛来・落下・衝突・倒壊・騒擾」ワンセット、「水災」「水漏れ」「盗難」はそれぞれ単体の損害リスクとなっています。
具体的に、雪災の補償を契約したければセットの残りの風災、ひょう災も付帯させる必要があります。
自由に契約したい損害リスクを選択できるようにいわれていますが、実際には完全に自由に選択できるというわけではありません。
さらにもう一点、知っておくポイントがあります。
火災保険によって契約の詳細は異なりますが、これらのセットは層として存在しているということです。
分かりやすく説明すると、契約の最下層に「火災」「爆発・破裂」「落雷」があります。
そしてその上の層に、「風災・ひょう災・雪災」、さらに上の層に「飛来・落下・衝突・倒壊・騒擾」、さらに上の層に「水災」「水漏れ」「盗難」が存在しているというわけです。
最下層が主契約で、契約必須となっています。
例えば、盗難を契約したい場合は、その下の層にあるすべての損害リスクを契約しなくてはならないとなっています。
この場合は、「風災・ひょう災・雪災」「飛来・落下・衝突・倒壊・騒擾」のツーセットを契約して、そこで「盗難」を契約できるというわけです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017準備万端でいこう!マンション購入.All rights reserved.